松戸市(東松戸)秋山駅の歯科・矯正歯科【小松歯科医院】

入れ歯

小松歯科医院

  • 診療内容一覧
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 口腔外科
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 噛み合わせ
  • 入れ歯
  • 歯周病
  • 訪問歯科

入れ歯

食物をきちんと咀嚼して食べることは、身体の健康にとっても、人生の喜びにとっても、非常に大切なことです。

そのためには、ご自身のお口に合った最適な入れ歯を用いることが重要となります。

入れ歯は口にフィットしない、痛い、うまくものが噛めない、とお考えの方も多いようです。しかし、最近の入れ歯は非常に優れており、フィット感が良く美味しくものを食べることができる入れ歯がございます。
いずれの入れ歯がご自身に適しているかを、歯科医師と相談することが非常に大切です。詳しくはお気軽におたずねください。

入れ歯(部分床義歯 部分入れ歯)

金属床義歯

義歯の土台を金属で作製します。

特徴
  • 強度が高い
  • 清潔度が高い
  • 残っている歯に優しい
  • 使用する金属:コバルトクロム合金、チタン合金、金合金等
コーヌスクローネ義歯

残っている歯を使っての安定な義歯を作ります。

針金のない義歯(ノンクラプス義歯)

通常入れ歯を支えるため歯にそれを求めます。普通歯に針金をかけますがこの場合の方法は針金を使わず歯肉に近い色の材質で歯にかけますので他人には入れ歯が入っていることがわかりづらくなります。

治療費は症例によりますので検査が必要です(治療費は検査後算出)。

金属の針金の入れ歯

 

ノンクラスプ義歯

磁性アタッチメント

入れ歯に磁石をつけて支える方法です。

入れ歯(総入れ歯)

上顎の部分を金属(コバルトクロム合金、チタン合金、金合金等)で作ります。

特徴
  • 強度が大きい(壊れにくい)
  • 熱を通す(食物の温度差を感じることができる)
  • 安定性がある(長持ちする)

入れ歯(軟性材料を使った義歯)

一般的には義歯の材質は硬いもの使用しますが、入れ歯があたって痛く使用できない場合に軟らかい材料を使うこともあります。

PageTop