松戸市(東松戸)秋山駅の歯科・矯正歯科【小松歯科医院】

口腔外科

小松歯科医院

  • 診療内容一覧
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 口腔外科
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 噛み合わせ
  • 入れ歯
  • 歯周病
  • 訪問歯科

歯の修復

運悪く歯を何らかの原因で抜歯になってしまった場合、その後の治療の選択としてブリッジ治療、部分入れ歯治療、インプラント治療が選択となります。

当院はインプラントのみをお勧めする歯科医院ではありません。患者様の口腔内の状態等から適した治療法を説明させて頂きます。まずは、ご相談ください。

ブリッジ

失った歯の前後の歯を削って、型を取り固定する方法です。

長所 違和感が少ない、保険治療も適用できる
短所 歯を削るため場合によっては麻酔下での治療が必要
被せたあと、しみる症状が残ることがある、歯への負担が大きい
保険治療のブリッジ
メタルボンドブリッジ

金属に陶材(白い)を焼き付け白い歯をつくる方法です。

ジルコニア陶材ブリッジ

メタルボンドブリッジの金属部分を金属ではなく白い材質で全体的に白く作る方法です。金属に対するアレルギーを回避できまた審美的にもよいとされています。

ヒューマンブリッジ

ヒューマンブリッジは、隣リ合った歯を必要最低限しか削らず、手術なども必要無いため、ブリッジ、入れ歯、インプラントに次ぐ第四の選択技として注目されています。

5年前に韓国で考案された方法で通常のブリッジと違い削る量が少なく麻酔を必要ありません。 ブリッジを使う歯がほとんどむし歯がなくかつインプラントなどの外科的処置も難しい、痛い思いをしたくない場合の治療の選択の一つです。

特徴 隣り合った歯をほとんど削らない、無麻酔・痛くない・手術不要
インプラント治療ができない方へ、取り外す必要がない
異物感が少ない

当医院で行うことできます。ただし状態によってはできない場合もあります。
ご相談ください。

いずれも方法も当医院で行っている治療方法ですが術前の検査が必要です。
症例によっては出来ない場合もありますのでご了承ください。
入れ歯

失った歯の前後の歯はほとんどあるいは最小限の切削で型を取り、毎日取り外しをし清掃する必要があります。

長所 歯を切削が少ない、保険治療も適応できる
短所 違和感が大きい、人によっては受け入れられない場合がある
取り外しが面倒、歯にばねをつけるため歯への負担が大きい
インプラント治療

失った部分にインプラントを埋め込み、歯をつくる治療法です。

長所 違和感が少ない、天然の歯と同様に咬める
短所 手術が必要、保険外治療(高価)、治療期間が長い(約6か月)

PageTop