松戸市(東松戸)秋山駅の歯科・矯正歯科【小松歯科医院】

インプラント

小松歯科医院

  • 診療内容一覧
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 口腔外科
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント
  • 噛み合わせ
  • 入れ歯
  • 歯周病
  • 訪問歯科

インプラント治療とは??

インプラント治療とは、これまで入れ歯やブリッジでしか対応のできなかった歯を失った部分に、天然歯の根の部分の代わりをする人工歯根を入れて、再び噛む機能を回復させる治療のことです。

小松歯科医院でのインプラント治療の考え方

だれもが取り外しの部分入れ歯、特にはじめて入れられ方にとっては不快なものです。
ただ不思議と慣れが生じます。ただ食物の味覚、食感は大きく変化します。
このような不快な症状を解決する治療法として、インプラント治療は非常に有効な手段であると思われます。またインプラントを入れることにより残っている歯の寿命も延びる傾向にあります。
これだけだと非常に夢のある治療方法のように聞こえますが、良い半面、リスクもあります。
当医院ではインプラントの診断、治療法、治療手技その他インプラントにまつわる話を数回にわたりお話を行い、長所、短所をご理解していただいうえで行います。

当院のインプラント治療
最新の歯科用CT完備

インプラントをご希望される患者様には、安心して治療を受けてもらうために、また、より正確な診断をするために、歯科用の3次CTを完備しております。

 
品質の高いインプラントメーカーを採用

当院のインプラントメーカーは、品質の高さからカムログインプラントのみを使用しています。

ブリッジ治療とインプラント治療の違い

ブリッジ治療(左) ・・・ 両隣の健康な歯を削って土台にし、ブリッジで治療。

インプラント治療(右) ・・・欠損部にインプラントを埋入し、人工の歯を単独で装着。

インプラント治療のメリット

1)自分の歯と同じように噛むことができるので、違和感がありません。

1.取り外す必要がなく、見た目が自然なので、人前でも楽しく食事やおしゃべりができるようになります。

2.入れ歯で噛むこととが難しかったものも噛むことができるようになります。

2)健康な隣の歯を削るなどの処置が必要ありません。

こんな場合はお勧めです!
  • 奥の歯が抜けたためにブリッジができない。
  • ブリッジにするため健康な歯を削りたくない。
  • 抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない
  • 入れ歯に抵抗がある。
  • 事故などの外傷で歯を喪失した。

インプラント治療の流れ

STEP 1

初診

インプラント治療に関する相談と説明

STEP 2

診査

病歴や健康状態に関する問診、口の中の検査、レントゲン写真や歯型の採取。

STEP 3

治療方針、計画の決定と説明。

STEP 4

手術

外科処置によって顎の骨にインプラントを埋め込みます。
・3~6ヶ月後にインプラントに人工の歯を装着するためのパーツを取り付けます。
(小外科処置を伴います)

STEP 5

人工の歯を製作

技工士さんがあなただけの人工の歯をカスタムメイドで製作します。

STEP 6

人工の歯を装着、完成

人工の歯をインプラントに装着して完成です。

インプラントQ&A

誰でもできるのでしょうか?
通常年齢的には成長期が終わってからが対象となります。また、健康であれば年齢に特に上限はありません。糖尿病などの全身性の疾患がある場合は状況によって異なりますので、ご相談ください。
手術がいやなのですが。
インプラントは専用の器具で精密に外科処置をしますので、一般手的には歯を抜くより後の治りが良好です。
治療が終わるまでどれくらいの期間が必要ですか?
インプラントを骨に埋める処置をしてから一般的には3ヶ月から6ヶ月待ちます。
その後、人工の歯の台になる部分をインプラントに繋ぐ処置をして数週間待ってから最終的な人工の歯が入ることになります。
自分の歯のように噛めますか?
はい。インプラントは顎の骨にしっかり結合し、その上に人工の歯が装着されますので違和感がなく、ほとんど自分の歯と同じ感がよみがえります。
インプラントの寿命は?
インプラントは人体との親和性に優れ、腐食しにくいチタン素材を使用していますが、治療後の清掃を怠ると天然の歯と同様に歯槽膿漏になりぬけおちることもあります。インプラント治療を受けた方は特に口の中の衛生状態に気をつけ定期的に健診を受けることが永持ちさせる秘訣です。
PageTop